Home > 音楽芸術協会の紹介

茨木市音楽芸術協会の紹介

ご挨拶  会長  飯嶋 豊(フルート)

1

茨木市音楽芸術協会のホームページにようこそおいでいただき、ありがとうございます。当協会は“ 茨木市を音楽の溢れる街に ”をスローガンに初代会長・高橋成典(名誉会長)を中心に、本市に在住又は在職する音楽関係専門家の相互協力によって1997年(平成9年)に設立されました。第2代会長・森川香代子(名誉会長)よりバトンを受け、私は2008年(平成20年)より当協会第3代会長を仰せつかりました。設立以来、茨木市教 育委員会、(公財)茨木市文化振興財団をはじめとして、協会を支えてくださる参与、顧問、賛助・協賛会員皆々様のご支援、ご協力を頂き「音芸協」の愛称で 活動致しております。

当協会は、市民に楽しんで頂ける舞台芸術を企画制作し、地域文化の創造、発展の向上に寄与し、会員がこの地域で十全な音楽活動が出来る様に環境を整備し、 奨励、支援、育成を目的にしています。聴衆となって私達を応援して下さる方々、音楽活動をされている方々に「音芸協」の輪に加わって頂きたいと願っております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

所在地  大阪府茨木市
発足     1997年(平成9年)3月

初代名誉会長 高橋 成典(フルート)
名誉会長 森川 香代子(声楽)
名誉顧問 (故)磯野 清(声楽) (故)山本 禎二(声楽)
参与 (故)森本 景文
顧問 岸本 力(声楽) 清原 浩斗(合唱指導者)

現組織

会長 飯嶋 豊(フルート)
副会長 柿原 宗雅(ピアノ) 石原 光世(ピアノ)
事務局長 松本 博美(声楽)
会員数 160名(2018年4月現在)

会則・入会申込書類

茨木市音楽芸術協会会則財政規則

総会の開催と運営に関する規則

加入申請書(正会員用)

音芸協の活動(2018年現在)

音芸協コンサート

年1回、(公財)茨木市文化振興財団からの委託で開催されるコンサート。毎年ジャンルを変え、趣向を凝らした公演を行っている。

茨木マイホームサロンコンサート

音芸協の前身、茨木市音楽文化協議会時代の昭和54年(1979年)に発足した歴史あるコンサート。年3回茨木市福祉文化会館LIVE302で開催している。

あっちこっちコンサート

年3回開催されている。好評のファミリーコンサート(旧「0歳から楽しめる」親子コンサート)、女声アンサンブル≪ローゼンバウム≫によるコンサート等がある。

いばらきオペラ亭

(公財)茨木市文化振興財団からの委託で年3回行われている。オペラをより身近に感じてもらえるよう、解説を交えながらの「オペラええとこ取り」で好評を得ている。

音楽配達便

コンサート会場へ足を運べない市内の施設、病院などの方々を対象に、演奏者がボランティアで出前演奏している。
詳しくはこちらをご参照ください

茨木フェスティバル 音芸協クラシックコンテスト&コンサート

毎年7月末に行われるフェスティバルで、一般市民参加のクラシックコンテストと会員によるコンサートの2本立てで開催している。

避難訓練コンサート

コンサートの途中で地震などの災害が起こった場合を想定し、お客様とご一緒に避難訓練を実施することがあらかじめ組み込まれた企画コンサート。2017年にクリエイトセンターセンターホールにて初めて開催。

女声アンサンブル≪ローゼンバウム≫

会員による声楽アンサンブルチーム。「花いっぱいチャリティコンサート」に出演のほか、あっちこっちコンサート、依頼演奏など精力的に活動している。




Home > 音楽芸術協会の紹介

コンサート情報

カテゴリー

Return to page top